三日坊主主婦♡さえこの独学保育士試験合格にむけて

飽き症でズボラな二児ママ、さえこです。この度平成30年後期保育士試験に一発合格しました!!その勉強法と日々の育児日記です。

「保育の心理学」は暗記が大事!!勉強しただけ結果がついてきます。

こんばんは!

今日は少し暖かったですね。

明日は春一番が吹く地域もあるみたいで…少しづつ春の訪れを感じますね。

 

 

さて、今日は保育の心理学の攻略法について書きたいと思います。

保育の心理学は、そこまで難関科目ではありません‼︎

押さえるポイントをしっかり押さえて勉強したら6割は十分取れるかと思います。

 

 

 

保育の心理学の攻略法

 

人物と研究を関連づけて覚える

保育の心理学では、人物名と、その実験名などが頻出です。

絶対に覚える項目です。

 

主に

ピアジェ

エインズワーズ

ブロンフェンブレンナー

ポルトマン

エリクソン

ゲゼル

バンデューラー

スキナー

ブルーナー

ブルーム

 

辺りは研究名や実験名とともに確実におさえておくといいかと思います。

この中で、特にピアジェなんかは最重要頻出人物かと思います。

なぜなら「物の永続性」「自己中心的言語」「同化と調節」「ピアジェの認知発達段階」など様々な研究結果を残していますよね。出題者にとっても問題を作りやすいのではないのでしょうか。

 

乳幼児の発達順序を細かく覚える

・・・これ、私侮っていました。この問題は「子どもの保健」の科目でも出題される内容なのですが、

「一応2児の母だし、まだ最近のことだし思い出しながら解けるはず!!」

とあまり勉強していませんでしたが、平成30年後期試験のこちらの問題が大変難しかったのです。

例えば問4の選択肢で子どもの発達順に正しく並べる問題があったのですが、

・鏡に映った自分の姿を自分であると理解できるようになる。

・一人づつ順番に名前を呼ばれる場面では自分の名前に対してのみ応える。

があり、私は、全く分かりませんでした。

我が子の発達を思い出してみても全然分かりません。

もう早い段階で捨て問題にしてしまったのですが、育児をしていても分からない発達問題が他にもあった気がします。

ですので、育児経験がない方は更に細かく勉強された方が良いのかなとも思います。

 

頻出文言を確実に覚える

これも当然と言えば当然かもしれませんが、人物と実験・研究内容以外の

原始反射の種類(把握反射・バビンスキー反射・モロー反射・原始歩行など)

児童期の集団(ギャンググループ・チャムグループ・ピアグループ)

 

なども頻出問題かと思います。

 

最後に

偉そうにつらつらと保育の心理学の攻略法を書いていますが、私は問題集や過去問題を解いていく中でこの科目で満点をとったことがありません(笑)

また実際の試験は70点という微妙な点数でした。

 

ですが、勉強していく中で、暗記項目が多いからこそ勉強した成果が出やすい科目のように感じます。

そして、勉強していて楽しい科目でもありました。

「確かに我が子もこんな順序で成長していったな・・・あの頃は大変だったけど懐かしいな。」

「子どもの成長の研究の為にこんな大掛かりな実験をしたの?!」

などどんどん頭に入っていった気がします。

(もちろん全部が全部そうではありませんが・・・)

 

最低限、使用されている問題集や過去問題で出てくる人物・研究名・実験名・用語は確実に関連付けて説明できるくらいにしておきましょう。

 

本日もお忙しい中最後まで読んで頂きありがとうございました。

にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ
にほんブログ村